お金がなくても債務整理できる法テラス。生活保護者でも利用できる

法テラスは主に生活保護を受給している方への一時的な肩代わりですが実情は債務整理が終わった後、免除になるケースが生活保護の方は殆どです。
免除にならなくても返済は月5000円からです。

 

生活保護の人が債務整理をする際に使う機関が法テラスです。一般の人には全く縁の無い世界です。
その為、法テラスと言う名前を聞いてピンと来る人は先ずいません。

 

しかし、生活保護の人は皆知っています。
その為、生活保護の人が債務整理をする際、費用を捻出するのが法テラスです。

 

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産、特別調停と色々ありますが、特別調停以外は弁護士さんか、司法書士さんにバックアップして頂く事になります。

 

当然慈善事業じゃないですから、それぞれ費用がかかります。
その費用を捻出するのが法テラスです。

 

法テラスの事は弁護士さんも、司法書士さんも熟知しています。
手続きも必要事項を書いて捺印すれば、弁護士さんや、司法書士さんが手続きを代行してくれます。

 

法テラスの手続きはそんなに難しいものではないようです。弁護士さんや司法書士さんは厄介な事には慣れています。
この程度の書類作成は正に朝飯前と言った所です。

 

弁護士さんや司法書士さんが手続きを完了すると1か月程度で、法テラスの方から契約書見たいなものが送られて来ます。見積書見たいなものです。
そこに今回の弁護士費用等が記載されています。

 

ここまでくれば後は専門家に任せておけば必ず貴方に取って良い条件を引っ張り出してくれます。

 

【借金が減らない方へ。無料相談から始まる債務整理】トップページへ