任意整理とは?「債務整理」との区別がついていない方へ

任意整理は債務整理の中で唯一裁判所がからまない、債務整理の方法の一つです。
つまり、任意整理は狭義、債務整理は広義な意味で使う言葉なんですね。これがこの2つの言葉の違いです。

 

ここで敏腕を振るうのは、弁護士さん、または司法書士さんです。

 

債務整理をする人にしてみたら、可能な限り、債権者とは会いたくないというのが偽りのない本音だと思います。

 

それでは任意整理とは、どういうものなのでしょうか?

 

任意整理は専門家に任せて結果を待つのみ

ここでは、任意整理を請け負った人と債権者が話し合い今よりも返しやすい金額で、返済計画を立てます。
また利息も大幅にカットされます。
高金利だった場合、利息制限法に基づいた金額を算出し、過払い金を、返済にあてるのが通例です。

 

例えば200万借りていた人は金利が0になりその金利との差額分が相殺されます。
消費者金融も自己破産の様に大損になるよりも、任意整理で返済される金額は大分減りましたが、1円も入って来ないとでは大違いです。
何せ方や借金チャラ。そして任意整理の人は払う意思があるものの現状だと厳しい。

 

この厳しい所を任意整理を請け負った人は依頼者に有利な様に話を持っていきます。
依頼者はまな板の鯉ですから、任意整理を請け負った人と債権者の話し合いの結果を待つ事になります。

 

弁護士や司法書士さんはこの手の問題のプロ中のプロです。
かなり依頼者に取って有利な条件を引きだしてくる事が多いです。

 

依頼者の方をまな板の鯉と書きましたが、司法書士さんと言うプロが債権者と話し合う訳ですから今更ジタバタしてもなんの意味もないので良い報告を待つだけです。
殆どの場合依頼者にかなり有利な話を纏めてきてくれるのでプロに任せるのが1番です。

 

【借金が減らない方へ。無料相談から始まる債務整理】トップページへ